復縁したい?したくない?

私はいつも恋愛に全力投球だったので、一つの恋愛が終わりを迎えるとそれはそれは結構な修羅場で、ましてや自分が振られるなんて時はこの世の終わりのようでした。
大好きな彼と別れるなんて信じられない、黙って引き下がるなんてできない・・・など意地と固執の塊で常に復縁のチャンスを狙っていました。
「私はまだ好きだから別れたくない。」今思えばこれを言われて「そうだね、俺も別れたくないよ。」なんて言われるわけはないのですがなぜでしょうか、これを言って涙を流したらどうにかなるのではないかと思ってしまっていたのです。
私が唯一復縁に成功したのは10代の時、別れてから2ヶ月経って勇気を振り絞り彼に電話をした時です。
彼に食い下がる自分にもウンザリしていたので、この電話を最後にきっぱりけじめをつけよう!という思いでかけました。
すると思いの外、彼も「別れたのは間違いだった」というような素振りを見せてきたので、すかさずそれをキャッチし見事復縁しました。
復縁後も問題なく付き合っていましたが、2度目の別れがやってきて今度は復縁には至らずにその恋はキレイに終わりました。
それから何度か恋愛をして別れを経験し「私はまだ別れたくない!」の下りをしてきましたが、何度も修羅場をくぐり抜け、その恋が終わって落ち着いた時には復縁なんてしなくてよかったと思うんです。
というのも、だんだん当初の本来の目的「復縁」というよりも、どんな手を使ってでも別れるなんてありえないという自分の目的「復縁」になってしまって、一番基本的な「好き」という気持ちが実は自分にもなかったりして・・・。
別れで傷つくのは一回で十分、と自分の経験上復縁は封印したのであります。
もちろん世の中には復縁してうまくいっているというカップルもたくさんいるのでこれはあくまで持論なのですが、一度別れたら一番最初の「好き」を超えることはないと思っているからです。

関連する記事