目的を見極めて自分に合った占いを選ぼう

あなたは占いに興味はありますか?占ってほしいこと、悩みがありますか?自分でできる限りの努力をし尽くした後、それでもどうしても不安が掻き消えないとき、あなたはどうしますか?そういうときに多くの人が神に祈ったり、自分の力を超えた範囲のものにお願いをするのではないでしょうか。おそらく占いも、そのうちの手段のひとつです。

街を歩けば至るところに占い師のような方が出店を出していたり、あるいはショッピングモールの一角に占いスペースが設置されていたり、結構占いの場を目にする機会は多いですよね。なかなか相談をしに行く勇気は出ないですが、それでもきっと多くの人が意を決して運勢を見てもらい、アドバイスをしてもらいに行くからこそ、あれだけ多くの占い師の方がお仕事を続けていられるのです。果たして人々はどんな相談をしているのでしょうか。若い方だと、将来どんな仕事をするべきだとか、あるいは中年の方々は出世運の相談だとか、老後の人生のこととか。けれどやはり最も多いリクエストは、恋愛占いなのではないでしょうか。
恋愛というものは相手があって初めて成り立つもの。そのため自分の努力だけではどうにもできない部分が多々あります。そういった際にどうするかというと、もう自分の力ではどうしようもないのだから、全然違う範疇のものにお願いするのです。それがあるときは神様であり、またあるときは占いであったりするのです。
恋愛は相手の気持ちが分からないからこそ不安になるもの。相手の気持ちさえ分かれば・・・そう思ったことありませんか?
ところで占いと一言にいいますが、占いの中にも多くの種類があることをご存じでしょうか。タロット占い、手相占い、姓名判断、生年月日からの占い、等々。挙げはじめるとキリがありません。一体何がいいのか、普段占いをしない人には全くわかりませんよね。どれが当たるのか、どれが分かりやすいのか?
どうやら占いの種類によって、適する分野と適さない分野があるのだそうです。例えば恋愛に関していえば、知りたい内容が人と人との関係であれば手相や人相、タロット占いなどはぴったりとニーズにはまって占うことが可能です。その反対に方位術はこれには適さないとか。かと思えば相談内容が変わって、人の心の動きについて知りたいときは手相や人相はあまり適さないそうです。
占いを利用する際には事前に相談する内容を具体的に決めておいて、どの占いがいいのかよく相談する必要がありそうですね。また、占い師との関係も大切です。占い師との相性というのもあります。しっかりと自分に合った占い師を見つけて、アドバイスがもらえるといいですね。

関連する記事